ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゼウスが産まれた神々の島。 | main | 日本の調味料の可能性を体感した日。 >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.03 Tuesday

”個”のパッションの証として。

オリーブオイルの「樹」が贈呈されました。
ギリシャが医学や哲学のベースとなった国でもありますが、個人(ヒトとして)の情熱もとても凄くある国で
(わがままという意味ではなく。周りとの調和はすばらしいものです。)、夢やプロセスをとても共感して下さいます。



「お金儲けではなく、進之介(サキと僕は現地で呼ばれてます。改名されオリーブオイルの伝統師として、イシカワ:シンノスケ:オリベルと名付けられた。)の日本においての活動や夢に共感し、我々と共に発展を
していって欲しいと」テラ•クレタ代表アナグノスタキス氏より、
そしてテラ•クレタのスタッフみなさんから、世界に1本だけの情熱の”樹”が
この地と心に刻まれました。

贈呈式(セレモニー)を経て実感したコト。
それは、


http://www.terracreta.gr
(TerraCreta本社の中庭にて)

この「樹」の横に並ぶ主要国(クライアント)も素晴らしいと思います。
しかし、”個”で贈呈されたのは世界で僕が初めてでした。
これは今日、「日本」で求められている生きる術=大企業や大組織単位ではなく、個人で開拓していくスキルを
身につけていくコト。つまりは描いたヴィジョンに向かい、パッション(情熱)を持って動くコト。
考えるより動く。地位や名誉も関係ない。単なる描いたヴィジョンに真っすぐとピュアーに進んでいくコト。
その証がこの「樹」となって現れたのです。
この樹を目的としていたらこうは成り得なかったと。
何も僕が凄いという意味ではないけれど、
この贈呈の瞬間は今も忘れられない一生の1つの小さな小さな自信となった。



世界(ギリシャ)が認めてくれたこの日は、走り続ける僕を支えて下さっている
全ての協力頂いたスタッフや仲間。家族や愛するヒト、
そして合同会社シネオメガ(畑中代表・片山氏)に感謝を申し上げたいと思います。
http://www.syneomega.jp

この「樹」が心にある限り僕は新たなステージへと導かれる。
パッションを持ち続ける限り。



冬の空のギリシャ、ハニアの街より
By 石川進之介
http://www.food-trip.net
 
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR