ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鍋のシメには何を入れますか? | main | 自分自身の棚卸し >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.02.03 Monday

山菜も並び始めましたね。

清瀬へパスタ会。
駅に着くと高齢者の数が多い事に気付かされる。
エレベーターに乗るまでの時間がとってもスローであるのと同時に、これが近い将来の日本の時間なのかと
想像してしまった。中心部にいると気付かない時間や環境というのがあって、tripするコトで体感し、
気付くコトは多々あるのもこの仕事の魅力の1つ。
社会というのは個人の考えや価値観だけで成り立っているものではないから、様々な状況に対応できる人間形成が
個人に求められるのではないだろうか!?



仕入れの際に節分を境に、野菜の棚も変わってくるこの頃。
山菜が並び始めましたね。山の熊は冬眠を終えると「ふきのとう」を食べ、苦味でデトックスするそうですが、
この山菜もプロと一緒に山に入って採るとこれまた見ている植物などの目線が一気に変わって面白い。
知らないと何気なく目の前のお宝も見過ごしてしまう。
上記に記載した内容と同じで、現場で気付かされるコトって本当に多いのである。
趣味で川でフィッシングをするから、春は山菜を見分けながら魚釣りをするのも醍醐味でもある。

川魚と山菜でパスタもできてしまうし、この山と川の恵みで出来上がったパスタはあまり知られず美味である。
本書(素材の味を楽しむパスタレシピ集:日東書院)
http://www.amazon.co.jp/「にんにく」と「鷹の爪」を使わない-素材の味を楽しむパスタレシピ-石川-進之介/dp/4528019477
でも自分が長野県で釣ったヤマメと山菜のパスタを披露している。

早速、山菜をたっぷり使用したパスタをメニューに組み込んだ。
*山ウド、たらの芽、菜花、、、









奥様方の会話はまたリアルマーケティングに繋がるし、
全てが貴重な時間である。そして僕は、メディアやネットには載らないコアな”情報”をパスタと共に
お届けさせてもらっている。
体感した方々は”ちょっと”した変化がスタートしているそう。
オリーブオイルやタマネギなどの話しから始まる本質的な内容。
つまりはこれが付加価値であって、food-trpの単価は世間一般にある飲食店の価格帯とは
全く意味が違うのである。

同じ¥5、000をどちらにお支払いしますか!?
(中身の違いを是非、体感して頂きたいと思います。うーん料理人の料理レベルというよりは、、、
セミナーも含まれている感じなんでしょうか。)
それはあなたの今後のライフスタイルが決めてくれるコトでしょう。



そろそろ神戸→大阪→京都のリアルマーケティングとクッキング&トークショーを兼ねたtripがスタートする。
By 石川進之介
http://www.food-trip.net/


 
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR