ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新天地に求めた先人の魂、 | main | 「食」も曲のようにDJリミックスの時代へ >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.02.17 Monday

門戸厄神へ

1週間関西(神戸ー大阪ー京都)tripも無事に終え、新潟trip準備。
5年前にこの関西エリアに住んでいたのが懐かしいと思う反面、「商業施設ばかり」の開発が著しいけれど、
僕にとっても何も新しいモノではなく、面白みにかけていた。
それよりも、関西でのネットワークやヒトの動きや考え方の方がよっぽど面白かったし、そのように「場」や「空間」
をどう活かして「楽しいコト」をするかが!?みなさん考えていらっしゃるコトではないだろうか?

遊べる「場」や「空間」は出来上がったけれど、受動的では物足りないはず!?
自発的にその「場」や「空間」をカスタマイズして、オリジナリティーある「場」や「空間」で
遊び方を考えたモノ勝ちであると実感した。
また目新しくない商業施設のリーシングも全国(大阪も)ほぼ一緒で、
某コーヒーショップや某生活雑貨店や大量生産チープ衣料店もしくは時代ニーズに反した
ハイエンドブランドが並んでいるだけで、進歩はなくもはや後退!?
オリジナリティーあるリーシングができるかが今後のキーポイントでもあるし、
この「場」での催事の見せ方ややり方が我々としてはチャンスでもある。

それが、「門戸厄神でのパスタ会」や、「京都タワーホテル」でのクッキング&トークショーであったからである。

お客様や企画側がいつもの場所を”ちょっと”変えて楽しいコトをしたいとのメッセージ。

それを共に楽しい企画内容にアレンジしていくfood-trip。

まもなく春生活、イベント企画など仕込み始めたらいかがでしょうか!?
ニーズを形にしていきます。ハードよりもソフトをみなさんで形にしていきましょう。

関西ほんわかTVロケでもご協力頂いた京丹後吉翠苑(僕がいつも丹後滞在中にお世話になる旅館)女将さんの娘さんが
神戸エリア在住とのコトで、ママ友パスタ会をしてきました。(レンタルキッチンの活用。「場」と「空間」)













子供たちの目力は凄かったなー(笑)

みなさんとのティーTIMEはある意味ちょっとした素敵なバレンタインデーでした。
ありがとうございました。


「西」の食材もいいよなー!!
日常の中での”ちょっと”した変化はこんな内容にあるのでは!?

By 石川進之介
http://www.food-trip.net/
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR