ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不便と圏外を楽しむ。 | main | 台湾で感じるコト >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.23 Friday

地元にあるモノを徹底して食べてみるべし。

とある芋の取材で先々月にお邪魔した沖縄でもそうだったんですが、
「地元にあるモノを徹底して食べてみるべし。」
沖縄は、西洋医学の薬に頼らずとも薬草など食べて治せる食の宝庫であると感じます。
普段食べ慣れていないモノこそチャレンジすべきですが、数回沖縄に通って知人や友人に教えてもらいながら、
レシピを考えたりする際に、医食同源がぴったりな島々がここ沖縄から八重山諸島ではないかと思う。

僕はお酒が好きなので、肴になるモノも追究してます。(笑)
お酒は適量にがモットーですが、、、ついつい。。。汗

.魯崋鬚砲靴磴崖の塩辛
→スタッフに「ハブ酒飲んだら夜も眠れないよーと笑いながら持ってこられたけれど。」
△垢がらす→アイゴの稚魚の塩漬け
アダンの炒め物
→アダンとは、タケノキ科タケノキ属の常緑小高木。マングローブに混成して生息する。
石垣島ではこの新芽を精進料理や法事に用いるのだそう。
この炒め物は歯ごたえもよくパスタにもよくマッチしそう。
パイナップルに似た果実はヤシガニの好物だそうだ。
ぅ哀襯ンの唐揚げ
→タカサゴのコト。スズキ目タカサゴ科に属する魚の一種。見た目は青→赤と派手な感じで食欲はそそられないのだが、
唐揚げともなればなんとも美味。シークァーサーの柑橘が効いたポン酢で食す。
ゥ謄咼
→琉球といえば豚。豚料理は欠かせない。
この豚足をカラッと揚げたテビチは中は柔らかく地元の塩で食べるのがなお良い。
Ε劵弌璽
ヒハツモドキといってコショウ科の木本性つる植物で、別名はジャワナガコショウ。野生化している。
このシナモンと黒コショウが混ざったような独特な香り味は料理する楽しみが増す。
台湾にモバイルしようと思う。
etc...















β耋僂悒皀丱ぅ襪垢襦屮劵弌璽繊廖


景観と共になぜか地元のモノを食べ続けるとカラダも軽く、
元気になるのである。沖縄はヒトを元気にさせる食事が多くある。































どうですか。
不便と圏外をも楽しみ、食べて療養も可能かもしれない!?
おいしいReセットができる島々はいかがですか!?



続いてはfood-trip 海外ツアー 台湾がスタート。
By 石川進之介
http://www.food-trip.net







 
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR