ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ”WEST”も”NORTH”も走ってゆく | main | making SALT tour in 京丹後レポート。 >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.09.19 Friday

ボーイング787

ANAがボーイング787を世界で最初に運行した日が懐かしくもありますが、
関西trip中にタイミングよく初めて乗れた。
昨年の飛行機に乗った回数は101回、今年はこの9月の時点で76回、そんな中でも787には巡り合えず
今回はtripはスタートからちょっとラッキーな感じだった。

機内に入ってみれば、
天井が高くなっていて、トイレにはなんとウォシュレット。
いつも乾燥対策として濡れマスクやらと消耗備品を常備しているのだけれど、加湿器がある点はかなり素敵。

最も感動したのが、電子カーテンで透過光量を調節できる点とウィンドウの広さ。
これは次世代のジェット機をちょっと体感できるような。窓は枠ではなく全てがこの電子カーテンになったらどうだろうか!?
搭乗しながら上空でリアルプラネタリウムなんて可能なんだろうなーと。想像!?妄想が脹らむ。
(そんな映像も既にネット上に流れていたりしてるけれど。)
2020年にfood-tripの飛行機が空を舞う中、機内はどこまでアレンジするか(環境も配慮しつつ)思考を現実にしていく
作業に入っていきたいと思っている。特にfood-tripなだけに機内食も普通じゃ面白くないしね(笑)



過去にも記載した日本の2大航空会社の悪い点良い点(海外と比べて、LCCについてなど。)などあるけれど、
今回のANAの空旅はエンジョイできた。(上空からの富士山。)

THINK AND GROW RICHも下巻へ突入。

<今日のaji-trip007>
「おいしいを写真」だけで伝えるaji-trip(味な旅)
独り言のように掲載していく予定。


バブル時代を知らない僕はバブルが好きだけれど、バブル時代の再来をしないよう
”泡”の扱い方には要注意だ。

By 石川進之介
http://www.food-trip.net
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR