ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅するシェフのEYES 北九州 | main | 旅するシェフのEYES 東京-丸の内 >>
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.06.05 Sunday

「ごちそうさま」

 「いただきます」
「ごちそうさま」
当たり前に馴染んだ言葉でも、最近この2つを食事を目の前にして
きちんと伝えて、発して、食事を食べているだろうか!?

ここ1ヶ月は東西南北trip続き。
各地域での会食・外食も多くなる。

tripも自分が選んで好き楽しく仕事をしている訳なんですが、
こんな日々の中で大切にしている内の1つは”自炊”。


自炊の内訳(食材達や陶器やお米、お水までも)を8割近く
把握している(全て自分で現地に足を運び地元の方々と交流して得た物)。
tripの醍醐味は、こんな作った方々のお顔や土地まではっきりと浮かぶ材料を目の前にできる
自炊が現代において最高に贅沢なことなのかもしれない。

そしてそれらを扱い料理できる喜び。
捨てようなど無駄な気持ちになれない。

身体も心も幸せを感じる瞬間である。
「いただきます」
「ごちそうさま」

が自然と言いたくなる。

体感すれば出てくる言葉がある。

お金を出せば何でも食べれて腹を満たせれば良いということは僕にとっては違って、
食事の内訳を見直す良い機会になれば嬉しいです。
お塩1つからでもいいと思います。





ごちそうさまでした。

By 旅するシェフ・石川進之介
https://www.facebook.com/foodtripCREATIVEWORKS/
2018.01.13 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR